phone_number
世田谷音楽院

ピアノ:八杉 友里江

3歳よりピアノを始める。桐朋学園大学付属女子高等学、桐朋学園大学を経て研究科修了。 1993年第19回PTCピアノコンクール最優秀賞受賞。 1996年第13回中国ユース音楽コンクール最優秀賞受賞。 1998年第22回PTNAピアノコンペティションF級全国決勝大会銅賞受賞。 2004年高校卒業演奏会に選抜。 2007年桐朋学園室内楽演奏会に選抜。 赤穂国際音楽祭に参加。樫本大進氏と共演。2008年桐朋学園室内楽演奏会に選抜。 第29回広島市新人演奏会で選抜され広島交響楽団と共演。 2009年カワイ表参道でピアノリサイタルを開催。 2010年NHK交響楽団若手メンバーによる室内楽の夕べに出演。 現在はピアノ・ソロの他、室内楽を演奏すると共にピアノ講師としても活躍中。

講師プロフィール(略歴)

これまでに音楽の歴史やピアノに対する基礎知識、演奏する上での技術面、メンタル面を幅広く学んできました。人と接するのが大好きな私は、音楽が好きな人、そしてピアノを弾きたい!と願う方々に楽しみながら少しずつ目標に近づいていって欲しい。 そのお手伝いをしたいと思っています。

ピアノ:中島 啓之

桐朋女子高等学校音楽科・桐朋学園大学音楽学部共にピアノ科卒業。 90′PTNAヤングピアニストコンペティションD級にて東日本1位、全国大会銅賞・全日空賞受賞。 翌年、同コンクールE級東日本3位、全国大会奨励賞・審査員特別賞受賞。 現在は各種アーティストサポートメンバーとしてレコーディングに参加、ライブハウス等で活動するほか、クラ シックコンサートを開催するなど幅広いジャンルで活躍中。 また、年齢を問わず指導も行っている。

講師からひとこと(略歴)

音を作る喜び・新しく挑戦する楽しみ・楽しく学び、音を表現する。そんなレッスンを心がけております。

ヴァイオリン:有馬 真帆子

6歳よりヴァイオリンを始める。 第38回岡山県山陽学生音楽コンクール弦楽器部門<高校生の部>第3位。 国立音楽大学演奏学科卒業及び、同大学室内楽コースを修了。 在学中にサントリーホール「レインボウ21」、卒業演奏会などに出演。 国立音楽大学院オペラでコンサートミストレスを務める。 また、岡山県演奏家協会新人演奏会に出演。 第16回京都国際音楽学生フェスティバルにオーケストラメンバーとして参加。第29回霧島国際音楽祭にて藤原浜雄氏のマスタークラスを受講。 秋吉台室内楽セミナー「秋吉台の響き2010」マスタークラスを受講。 現在は、映像団体『moment』によるmoment String QuartetにFirst Violinで参加するなど演奏活動のほかにもヴァイオリン講師としても活躍中。

講師からひとこと

『ヴァイオリンを弾くことを通して、音楽を楽しむ喜びをより多くの方に知っていただきたい。』 そう思って演奏に、そして指導に情熱を傾けてきました。まだ未熟なわたくしですが、皆さんと一緒に成長していきたいと思います。

ヴァイオリン:佐久間 遥

茨城県出身。9才よりヴァイオリンを始める 取手松陽高等学校音楽科を経て国立音楽大学演奏学科を卒業 管弦楽コース終了 小森谷巧に師事。音楽教室講師。 挙式演奏、オーケストラやアンサンブルなど、精力的に演奏活動を行っている。 『東京ヴァイオリン』メンバー。

講師からひとこと

一人でも多くの方にヴァイオリンを通して出会えることを楽しみにしています。 まだまだ始めたばかりで未熟な点もありますが、全力で頑張って行きたいと思います。 生徒さんにあわせて、楽しくレッスンすることが目標です♪

フルート:野中 麻莉

福岡女学院高等学校音楽科を経て桐朋学園芸術短期大学音楽科卒業。同専攻科修了。現在、同研究生在学中。 ワルシャワ国立音楽大学マスタークラスにてディプロマ取得。ハンガリー国立リスト音楽院マスタークラス研鑽。 同音楽院室内楽ホールにてコンサート出演。第53回 西日本新人紹介演奏会出演。 東京オペラシティにて第35回 フルートデビューリサイタル出演(日本フルート協会主催)出身地である福岡県や、東京近郊で演奏活動を行い、またフルート講師として後進の指導にもあたっている。 フルートを白尾隆、野口龍、許斐恭子、クリスティナ・ゴラシェフスカ女史、ジュンジュシ・ゾルタン教授に師事。

講師からひとこと

『ヴァイオリンを弾くことを通して、音楽を楽しむ喜びをより多くの方に知っていただきたい。』 そう思って演奏に、そして指導に情熱を傾けてきました。まだ未熟なわたくしですが、皆さんと一緒に成長していきたいと思います。

チェロ:小原 茂

桐朋学園大学卒業、桐朋学園大学院修了。 2歳よりチェロを始め、桐朋学園在学中より国内 海外でソリスト、アンサンブル奏者として 演奏活動をする傍ら後進の指導をおこなっている。 ルーマニア国際音楽コンクール弦楽器部門第2位を受賞。

講師からひとこと

皆さんはじめまして。世田谷音楽院チェロ講師の小原茂です。 チェロをこれから習い始める方、コンクールや音大受験の方、以前チェロを習われていた方でまた始めてみたい方、アマチュア奏者の方のテクニックポイントレッスン、お子さんと二人で合奏を楽しむ・・・求める指導は十人十色違います。 どのようなレッスンをしたいか、どう弾きたいのか、相談しながら個人に合わせて教則本やレッスン内容を決め、こうも弾ける、こうも考えられる、などを解りやすい音楽理論や音楽史、世界史を混ぜ合わせながら音楽の視野を広げていきます。 ソロ曲の他、弦楽合奏やピアノトリオ、弦楽クァルテットなどを組み、発表できる機会もあります。 チェロを学びたい方々のお役に立てたら嬉しいです。 上達することを目標にして一緒にがんばりましょう。

二胡:牧野 めぐみ

長唄で三味線の手ほどきを受けました。 以来、三十五年近く三味線を弾き続けています。 清元梅丸師について伝統芸能浄瑠璃の一派「清元流」を学び、今では師範職として各教室でのレッスンの他に、演奏会、日本舞踊の地方(オペラやミュージカルで言うところのオーケストラピットですね)等で活躍中。 ジャズ・ボーカルのレッスンも受けるなど、楽器・歌共に邦楽・洋楽音楽全般に造詣が深く、三味線の楽譜・教授法などに工夫を加え新たに教則本を書き下ろしています。 一方、「日本二胡振興会」代表理事である武楽群氏に中国の楽器「二胡」を師事。現在は二胡奏者としても活躍中です。 一昨年は横浜Y150横浜赤レンガ倉庫での演奏会に参加、昨年は上海万博では世界文化センターで二胡合奏をしてきました。 日本舞踊の名取でもあり、日本の古典芸能、特に歌舞伎の知識は豊富。学生時代には歌舞伎を実際に演じたりもしていました。 音楽と芝居が大好きです。ぜひ、ご一緒に楽しく学びましょう♪

講師からひとこと

二胡は「中国のヴァイオリン」とも呼ばれ、2本の弦を弓で弾く中国音楽には欠かせないメロディー楽器です。 その優しい音色は日本でも近年高い人気があり、志す人が大変多くなっています。 本講座では、段階的にステップアップする教材で全くの初心者から、以前よそで習っていたものの途中で諦めてしまった方なども、丁寧に指導致します。 経験者もレベル・ニーズに応じて独奏曲やエチュードに取り組みながら、講師とのアンサンブルや他楽器による伴奏を体感する事で、更なる音楽的なスキルアップを目指します。 また、手元に楽器がない方は購入の相談に応じます。高齢者歓迎。 さあ、癒しの音色で、お気に入りの「私の一曲」を楽しく弾けるようになりましょう。

声楽:杉谷 宗則

東京出身。渡米後に声楽の勉強を始め、アリゾナ大学、イーストマン音楽院の各大学の声楽科修士課程を卒業。 在学中より、《ドン・ジョバンニ》のレポレッロ、《ジャンニ・スキッキ》のスキッキを始め、《ラ・ボエーム》のマルチェッロ、《アルバート・へリング》、《道化師》のトニオ、など多数のオペラに出演して様々な役をこなす傍ら、リサイタルやコンサート等でソリストとして活躍。 また、声楽講師としては、アメリカの音楽学校や大学で、中学生から社会人までの幅広い年齢層の生徒の指導した経験を持つ。  

講師からひとこと

一人ひとりに合わせたレッスンを行います。 人間の歌声はまさに十人十色。 その特徴に合わせたレッスンをすることが大切です。 また、歌うことををゆっくり楽しみたい方からプロを目指したい方まで、目標もそれぞれ違います。 一人ひとりのペースや目標に合わせて、最適なレッスンを行っていきます。